田尾 香子

2016年4月に新卒として正社員入社。数ヶ月の研修ののち、THE KISS 梅田ロフト店へ配属。その後、2019年4月にTHE KISS 横浜赤レンガ倉庫店へ異動し、現在に至る。

ザ・キッスに入社した理由

数ある会社の中で、どこよりも思いやりに溢れた会社だと感じたからです。
そう感じた大きなきっかけは、就職活動中の面接時に、たまたま通りがかったザ・キッスの社員から「就活生?緊張すると思うけど頑張ってね。」と優しく声をかけて頂いたことです。採用担当でないにも関わらず、そのような声をかけて頂いたことにとても感動し、今でも強く印象に残っています。
私も人として、誰に対しても思いやりを持てる人になりたいと思うと同時に、そのことを会社全体で大切にしお客様や社会に提供しているザ・キッスに魅力を感じ入社を決めました。

私の仕事とやりがい

現在私は店舗に立ち、お客様と直接お話しさせて頂く中で、お客様の理想や想いに寄り添った商品提案をすることが主な仕事です。お客様の大切な記念日や、節目の一端に携わるということは、緊張感もありつつ、とても幸せなことだと感じています。
店舗にいて感じることは、プレゼントを選びたいがジュエリーショップは入りづらい、何が良いのかわからなくて不安、という思いでご来店されるお客様も多くいらっしゃるということです。その際大切にしていることは、ザ・キッスの指針でもある「高級ブランドではなく、好感度ブランド」という言葉を意識し、ご来店くださったお客様がリラックスでき楽しくジュエリーを選んでいただける空間をつくれるよう取り組んでいます。
結果として、お客様から「ありがとう」「お姉さんのおかげで楽しかった!」と仰って頂けたときはとても嬉しく、この仕事を選んでよかったとやりがいにも感じます。
また、現在店長という役職を頂き、毎日業務を行っています。店長としてスタッフとのチームワークづくり、数字管理など責任ある仕事も多く不安に感じることもありますが、それと同時に達成感も大きいです。日々刺激を受け、自身の成長にも繋がっていると思います。

ザ・キッスの魅力

「努力次第で様々なことに挑戦できる環境」と、「支え合い、信頼できるスタッフがいること」が私はザ・キッスの魅力だと感じています。
ザ・キッスでは採用職種が固定されておらず、希望や適性によって様々な選択肢があります。私自身も元々関西の勤務でしたが、もっと視野を広げたい、挑戦してみたいと思い関東勤務を希望しいまに至ります。他にも店舗だけでなく、本社勤務に異動し活躍されている方も多くいます。最初の希望に縛られず経験を積む中で、方向性を柔軟に考えることができる環境は多くの可能性があり、魅力的な部分です。
そして、その希望を応援し、支えてくれるスタッフの存在はとても大きいと感じています。業務の中で失敗や不安に思うこともあります。ただその時、すぐ相談ができ寄り添ってくれる上司や先輩、高め合えるスタッフのおかげで充実した日々が過ごしています。

ザ・キッスで私が実現したいこと

私が今目指していることは、1人でも多くのお客様に「記念日だからTHE KISSに行こう」と大切な節目に選んで頂けるよう信頼され愛されること。そして、一緒に働いているスタッフにも「THE KISSで働く毎日が充実して楽しい」と思ってもらえるお店づくりです。
その為には多くの知識や情報収集、学び、経験が必要なため日々の努力がとても大切だと考えています。そして、お客様やスタッフに対していつも同じ目線に立ち、向き合えるよう、これからも自分自身楽しみつつ、日々目標に向かって取り組んでいきたいと思っています。

スタッフボイス一覧